十七戦地お知らせブログ

東京の劇団、十七戦地の稽古場や外部活動についてお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【キャスト紹介】山の上の団地と浜野隆之

IMG_0262.jpg


浜野隆之(はまの・たかゆき)
1971年3月17日、岡山県生まれ。O型。
所属/下井草演劇研究舎
Twitter/@shimoigusan

最近の出演作品/
・Minami Produce『失われつつある物語』(2013年7月@ギャラリールデコ4F)
・こねじ『奥村さんのお茄子』(2013年5月@大吉カフェ)
・十七戦地『獣のための倫理学』(2013年2月@早稲田LIFT)


Q.あなたの出身地はどんな場所ですか。

A.生まれてすぐ引っ越したので出身地の風景は覚えてないんですが
小学生の時に団地に長く住んでいて
公園に行けば探さなくても誰かしら友達がいる遊びやすい環境でした。
山の上にあったので学校からの帰りが非常に大変で
友達とドラえもんがいたらなぁ、とよく話していました。


Q.台本を読んだ感想、および今回の稽古場の印象などを教えてください。

A.台本を読んでの感想はいろいろ詰まってるなって思いました。
ひとりひとりにドラマがあって濃い内容になっていて
今回の芝居に参加できる喜びを感じました。
稽古場の印象は年齢的に幅があり
非常にバラエティでいろいろな刺激がもらえそうな現場です。


Q.今回のご自身の役どころについてお教えください。

A.会社ではないのですが中間管理職的なポジションだと思ってます。
調整役というかバランサーというか。
でも主張したいところは譲らず押しのけていくという
意外に熱いものを持った村民だと思います。


Q.あなたにとっての「怪物」とは?

A.人間ですかね。
「窮鼠猫を咬む」といいますが追い詰められたら何をするかわかりませんから。


Q.今回の舞台への意気込みなど、お客様へのメッセージをお願いします。

A. 初演が良かったと言われないよう全力でこの作品にぶつかっていきます。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【キャスト紹介】小岩井農場と澤口渉

IMG_0268.jpg


澤口渉(さわぐち・わたる)

1979年5月7日、岩手県生まれ。O型。
所属/ロデオ★座★ヘヴン
twitter/@watarumeo
個人ブログ/「うめわたヘヴン」

最近の出演作品/
ロデオ★座★ヘヴン『マリー・ボドニック』(2013年4月@MOMO)
ファルスシアター『ザ・フォーリナー』(2013年2月@シアターグリーンBASETHEATER)
ロデオ★座★ヘヴン『ProjectG』(2013年11月@小劇場楽園)


Q.あなたの出身地はどんな場所ですか?

A.岩手県内陸にある紫波郡の矢巾町というところです。
父の転勤の関係で小学3年くらいまでは引越しを重ねていましたが、
4年生からは19歳の上京まではずっとここです。
岩手の夏は東京より湿度が低く、カラッとした暑さなのでとても気持ちがいいです。
あ、岩手県は、小岩井農場が大好きで、帰ると必ず行きます(笑)
最近は実家の周りも大学ができたりと徐々に都市化が進んでいますが、
昔は田んぼだらけで、そこで飼い犬を散歩したり、
冬は友達とかまくらをつくったりしたのを覚えています。
矢巾町内をドライブして昔懐かしいところをウロウロしたんですが、
やっぱり空気は全然変わってなくて。
世界で1番心休まる場所です。


Q.台本を呼んだ感想、および今回の稽古場の印象などを教えてください。

A.本はもうね、素晴らしいの一言です!!その分演じ手にとっては難しい!!(笑)
柳井さんをはじめ、ご一緒させていただく役者さんもスタッフさんも、
本当に素敵な方ばかりで稽古は毎回ウキウキでございます。


Q.今回のご自身の役どころについてお教えください。

A.須田大和さんという役です。
父である須田大海のあとを継ぎ、須田水産の社長兼ふるさと会の会長やっとります。
ただ、村のみんなからは…どう思われているのかは。。
正直、自分の劇団における立ち位置と似ているとこがあるような無いような。
方言などもあり、越えなきゃいけない壁はまだまだたくさんありますが、
ちゃんとちゃんと息を吹き込んであげたいです。


Q.あなたにとっての「怪物」とは?

A.なんだろう…お金?女性?(笑)


Q.今回の舞台への意気込みなど、お客様へのメッセージをお願いします。


A.この作品に参加させていただけることの喜びを噛みしめる毎日です。
なかなか人に宣伝するのって難しいんですが、
自信をもってオススメできる作品です。
再演ではありますが、
今作れるベスト『花と魚』になるよう自分も微力ながら尽力したいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

【キャスト紹介】鮭の遡上と真田雅隆

坂根だより編集部こと、十七戦地制作部です。
ただいま十七戦地『花と魚』公演期間中です。
まだこちらに登場していない出演者を一挙ご紹介します。


IMG_9409.jpg



真田雅隆(さなだまさたか)
埼玉から山梨県から北海道出身。A型。
twitter/@sanada_of
最近の出演作品/
テレビアニメ『レゴチーマ~アニマル戦士たちの伝説~』クロウリー役で出演中。


Q.あなたの出身地はどんな場所ですか?


A.思い出深い場所は北海道です。
春には雪解けがあり、夏には虫や動物にふれあい、
秋には紅葉の絨毯を歩き、冬は濡れたタオルを回して遊ぶ。
どこから見ても、遠くまで見渡せ果てしない大地。大好物の鮭の遡上も見れ、安くて旨い。


Q.台本を呼んだ感想、および今回の稽古場の印象などを教えてください。

A.とても難しい中に繊細と人間臭さがあって楽しく思いました。
稽古場は今回も面白い人が集まったなぁと言う感じです。


Q.今回の役どころについて教えてください。

A.十七戦地さんに呼んで頂き「牟礼」と言う役を2回務めさせて頂く事になりました。
初演と同じ役ですが、キャスト陣が変わると、こうも受ける印象が変わるものかと驚きの連続です。
自分自身の共通点を探してみると・・・あまり無いかなぁと言う印象です、たぶん、はい。


Q.あなたにとっての「怪物」とは?

A.自然と思います。
問うても答えず、ただ静かにそこにあり、見守るで無く助けるでなく、ただそこにある。


Q.今回の舞台への意気込みなど、お客様へのメッセージをお願いします。

A.初演の時と同じ役どころになりますが、
内側に前回よりも濃い物を作り作品の中で生きてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【キャスト紹介】「面白いなー」と3回言った鈴木理保

坂根だより編集部こと十七戦地制作部です。
今回ご紹介するのは、#3『艶やかな骨』以来のご出演、鈴木理保さんです。

りほimage-1


鈴木理保(スズキリホ)
2月21日、埼玉県生まれ。O型。
tumblr
最近の出演作品/
マグネシウムリボン『暮れなずめ街』(2013年2月@シアター風姿花伝)
十七戦地#3『艶やかな骨』(2012年8月@ギャラリー・ルデコ4)


Q.あなたの出身地はどんな場所ですか?


A.都会って訳でもなく、かといってそこまで田舎でもない。なんか中途半端な立ち位置の場所。
アド街ック天国で取り上げられて、調子に乗っちゃうちいさな場所。


Q.台本を呼んだ感想、および今回の稽古場の印象などを教えてください。

A.面白いなーって3回くらい言いました。


Q.今回のご自身の役どころについてお教えください。

A.なみえちゃんは頭良いんだかバカなんだかよくわかんないです。
共通点はおせんべいが嫌いじゃないところ。


Q.あなたにとっての「怪物」とは?

A.藤子不二雄のやつ。


Q.今回の舞台への意気込みなど、お客様へのメッセージをお願いします。

A.いっぱい来てね。よろしくおねがいします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【キャスト紹介】ぐらぐら揺れる要石。佐藤幾優

坂根だより編集部こと、十七戦地制作部です。
今回ご紹介するのは、初演と同じく須田大次役を演じる佐藤幾優さんです。


レトル寫眞

佐藤幾優(サトウイクマ)

東京都田無市生まれ。
所属/レトル
twitter/@iqsiqsiqs

最近の出演作品/
【舞台】
十七戦地『艶やかな骨』2012年8月@渋谷ギャラリールデコ4F
バジリコFバジオ『ねぼすけさん』2012年9月@新宿サンモールスタジオ
世田谷シルク『冒した者』2013年7月@利賀山房

【映像】
『かしこい狗は、吠えずに笑う』渡部亮平監督
『遺体 明日への十日間』君塚良一監督
アーノウト・ミック(Aernout MIK)作品@あいちトリエンナーレ2013

Q.あなたの出身地はどんな場所ですか?

A.いまは「西東京市」に改称されてしまった「田無市」で小一冬まで過ごしました。
ものごころつく前なりに、東京に於いて特別区でない「あの感じ」には気づいてたかも知れません。


Q.台本を呼んだ感想、および今回の稽古場の印象などを教えてください。

A.柳井さんの本はたしか本作あたりから「タームの嵐」になったのではなかったか?
今回の稽古場は、初演時ともキャストに多少の入れ換はりがあり、
かつ今のところざっくりと男女別なので特に女性の方はまだよくわかりませんが、
何か「ギュッ」としてます。あと真田さんが妙に元気です。


Q.今回のご自身の役どころについてお教えください


A.ぐらぐら揺れる要石、みたいな役です。
共通点は……あるといへばある……ないといへばない……
初演の時は「情念が」とかいろいろ造形的にやってみたのですが
今回はその造形的な土台がすでにあることもあり
そこを適度に再構築しつつ非造形的にアプローチできればいいのかな……とか漠然と考へてをります。
延岡地方の言語アクセントは思ひのほかからだがおぼえててちょっとうれしかったです。
やっとくもんだなと。

Q.あなたにとっての「怪物」とは?

A.にゅるっと顔を出してこのかたの、
さう遠くない将来に終はるまでの「生」の時間
──それ自体がどうにも御しがたく得体が知れず。


Q.今回の舞台への意気込みなど、お客様へのメッセージをお願いします。


A.方言や術語が耳慣れなかったりとそのあたりハードルは高いながら、
何とかお客様に作品世界に浸っていただいたり
または出演者も共振を起こせるやうに
本番まで一同作品を練り上げていきたいと存じます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。